新しいを創造する知恵
2015.03.04

Adobe Premiere を使って結婚式余興動画を作ろう。ステップ4〜動画・写真の繋ぎ目にかけるエフェクト〜

結婚式動画を作成していく上で必要となる簡単なエフェクトの作成方法をご紹介いたします。動画作成の基本的な項目は以前までのステップをご覧ください。


images

 

前回のステップまでで、動画をタイムラインに配置して、使用したい部分を指定するまでをご説明してきました。
今回のステップでは切り出した動画の素材を味付けしていく(前回までの料理のたとえは最後まで貫きます)行程になります。

 

今回はAdobe Premiereで

①タイトルの作成方法(テキストや、メッセージなどの作成)

②動画・写真の繋ぎ目にかけるエフェクト

③写真のズームイン・アウト

④音量の調整

この4つの作業方法を簡単に紹介していきます。

 

動画・写真の繋ぎ目にかけるエフェクト

いままでのステップの中では動画素材の準備や配列などを行ってきましたが、タイムラインを再生してみると素材の繋ぎ目が はっきり変わりすぎていて動画としては不十分な感じですよね。

今回のステップでは素材動画のつなぎ目や写真との繋ぎ目、また動画のフェードアウト方法に関するエフェクトをご紹介します。

 

エフェクトの選択画面

まずエフェクトをかけていくにはが画面左下のコチラに注目して下さい。

スクリーンショット 2015-03-03 19.00.03

左下のプロジェクトタブの並びに、エフェクトがあるのが確認ができるかと思います。

コチラのタブからエフェクトの選択を行っていきます。
タブを開くと下記のような画面が出ます。

スクリーンショット 2015-03-03 19.15.12

 

本来ココのエフェクト選択画面で、動画全体の色の変更や(例:セピア動画にしたい)影を薄くしたり、音のバランスを整えたり、様々なエフェクトを選択することができます。そのなかで今回は動画の始まり、切り替わり、終わりに設定すると見栄えの良いエフェクトを紹介いたします。

まずは並んでいるフォルダの中から下記図のように選択をしていきます。

動画のつなぎ目・写真の切り替わりを滑らかに見せてくれるエフェクト

 

 

必殺!【クロスディゾルブ】

 

 

…実はこのエフェクトはデフォルトで適用されるように初期設定があるくらい頻繁に利用することが多いエフェクトです。

難しく考えず、このエフェクトを使えば動画が滑らかに切り替わると思って下さい。

指定方法はコチラ

スクリーンショット 2015-03-04 19.06.31

スクリーンショット
【クリックすると動画が流れます】

エフェクトを選択したらドラック&ドロップにて動画の繋ぎ目に持って行き

スクリーンショット 2015-03-04 20.00.42

このように両方にかかるように配置をしておきましょう。

すると画面の切り替わりが、はじめ動画の終わり⇆次の動画の始まりをいい具合にブレンドして切り替えてくれるので見ていて違和感の無い切り替わりに設定することができます。

 

また、必殺のクロスディゾルブには兄弟のような【ディゾルブ】というものもいます。
このディゾルブは”クロス”がついていないということでわかるかもしれませんが、次に画像が無い、もしくは動画が始まるときに有効に使えます。

スクリーンショット 2015-03-04 20.29.55

このように設定をしておくことで、動画の終わり方をブツっと途切れるように終わるのではなく自然に終了させることが可能です。
最初にエフェクトを開いた際に開いた

スクリーンショット 2015-03-04 19.06.31

 

上記のビデオトランジションの中には複数の使えるエフェクトが有ります。
よく使用するものを上げていくと、暗転(黒く画面が消えていく)ホワイトアウト(白く画面が消えていく)ワイプ>ドア(扉)画面が扉の用に割れて次の動画へ切り替えができる、等様々な活用方法がございます。

 

ここまでのステップでをしっかりと活用することで、動画を綺麗に並べて素材の繋ぎ目を綺麗に見せられる様になると思います。

 

 

次回のステップで、静止画写真を格好良く見せる、ズームイン、ズームアウトの基本的な活用方法をご紹介します。

乞うご期待!