新しいを創造する知恵
2017.04.13

Googleの新サービス「Auto Draw」こと画伯ツールを使って見た

Googleの新サービス「AutoDraw」を紹介!どんな下手くその絵だって、プロのイラストに


開発会社で仕事をしていると、普段個人的には絶対に使用しないであろう、イラストやアイコンを多く使用します。

 

そんな私は、絵を描くセンスが0なので、いつも似たようなアイコンを活用しており、自分でも少し飽きてきているのですが、今回は、googleが新しくリリースした新サービスは、そんな私には非常に便利であろうサービスだったので簡単に紹介をしていければと思います。

 

Google新サービス「AutoDraw」

スクリーンショット 2017-04-13 21.01.24

https://www.autodraw.com/

 

AutoDrawってどんなサービスなの?

「AutoDraw」はGoogleが4月11日(米国時間)「Fast Drawing for Everyone」で発表した、機械学習(Ai)を活用した、お絵かきツールです。

お絵かきツールなんて簡単に書きましたけど、機械学習が入っているので、どんなに絵が下手な人で大体のものは思い通りの絵に仕上げることができるんです。

 

動画を見てもわかると思いますが、web画面にフリーハンドで書いた絵を、自動補正して自動的に関連する画像データ候補を表示してくれる夢のようなサービスなのです。

そして、Googleのサービスということで、こちらは無料で利用できるのも嬉しいですね。

実際に本当に絵心がない私が利用をして見た画面を書きに載せておくので、是非皆さんも利用して見てください。

 

実際に絵心のない私が利用してみた

そうだ、まず簡単に書ける犬を書いてみよう

スクリーンショット 2017-04-13 21.27.31

そう、これが私の書ける犬ですが、

 

スクリーンショット 2017-04-13 21.29.15

簡単にこんな完成度の高い犬に自動変換してくれます。機械学習のすごいところは正面の顔だけではなく横を向いている犬の画像にも置き換えることが可能です。

変な犬を量産するだけで、こんな可愛いイラストを作成することができます。

スクリーンショット 2017-04-13 21.33.38

まとめ

今回はAiを活用した、Googleの新サービスを紹介しました。

機械学習のAPIが公開されたなど、機械学習のニュースはよく耳にすることがありますが、実際に活用されているサービスを耳にすることが珍しく、今後このような便利なサービスが増えることが待ち遠しいですね。